• ホーム
  • 会社概要
  • 業務実績
  • アクセス
  • 採用情報
  • お問い合わせ

調査機器 - 3Dレーザー

当社では、平成23年度から3D(3次元)レーザーを導入し、公共・工事測量に取り組んでいます。

GLS-1500

GLS-1500

遠方からでも測量可能なスタンドアローン3Dレーザー

高速スキャンと高精度が両立したスタンドアローンの3Dレーザースキャナー。さらに遠隔操作可能。安全を確保し、様々なシーンでの測量に対応できます。

特徴

  • 安全な遠い場所からでも、測量が可能である。
  • 基準線設置手間がかからない。
  • 土工事では現場施工の現状を計測し、データーより、縦、横断をトレース・シュミレーション図化する事で、施工土量の把握及び出来高管理・工事記録・工程管理説明用として、有効な資料を作成する事が可能です。
  • 仮設道路や、パイロット設計等も簡単で、変更等も楽々である。
  • 自動観測の為、設置後は別の作業が出来ます。

FARO Focus 3Ds

FARO Focus3Ds

広範囲かつ高精度なスキャンで迅速な測量・図面作成

広範囲計測可能、かつ高精度ながらも、カメラ感覚での測量が行えるポータブル3Dレーザースキャナー。小型、軽量なため、狭い場所での計測も可能です。

特徴

  • 小型で、カメラ感覚で測量ができ、構造変形や、室内調査・遺跡調査・橋梁調査など、計測データーを画像処理し、路面の輪立掘の現状、断面をトレース・シュミレーション図化する事で、路面管理及び補修根拠として、詳細、確実な資料が得られます。